カテゴリー
Threat

グローバリズム

Globalism
グローバリズムとは、単なる国際的なものを超えた範囲のさまざまなシステムを指します。これは、ジョセフナイなどの政治学者が、「現代世界のすべての相互接続を理解しようとする試み、およびそれらの根底にあるパターンを強調する試み」を説明するために使用されます。主に世界システムに関連付けられていますが、他の世界的な傾向を説明するために使用できます。

Deep state in the United States
ディープステートは陰謀論であり、共謀とクロニズム(クロニズムとは、特に政治において、また政治家と支援組織の間で、友人や信頼できる同僚に仕事やその他の利点を与える際の公平性の実践です。)が米国の政治システム内に存在し、合法的に選出された政府内に隠された政府を構成していることを示唆しています。

Rockefeller family
ロックフェラー家は、ドイツ南部のプロテスタントの一派バプテスト(浸礼派)として起源を持ったアメリカ合衆国の名門一族。祖先はフランス系のユグノー出身であり、本来の家名はロクフイユ(Roquefeuille)であったが、ドイツへの移住とともにロッゲンフェルダー(Roggenfelder)となり、アメリカに移住してからロックフェラーと改称した。
世界最大の石油トラストとして君臨したスタンダード・オイル創始者のジョン・D・ロックフェラーと弟でナショナル・シティー銀行ニューヨーク(現在のシティグループ)創業者の一人であるウィリアム・ロックフェラーによって発展した一族。世界的な財閥で、石油業や軍事産業、金融業など様々な企業を傘下に収める。その中の代表的企業には、ジョンの孫のデイヴィッド・ロックフェラーが頭取を務めたチェース・マンハッタン銀行(現在のJPモルガン・チェース)がある。これはカーギルのメインバンクであった。モルガン財閥、メロン財閥と並ぶ米国三大財閥の一角。英国の世界的な財閥であるロスチャイルド家としばしば比較され、2012年5月30日のRITキャピタルパートナーズでの歴史的な資本提携は話題を呼んだ。

Rothschild family
ロスチャイルド家(Rothschild、「ロスチャイルド」は英語読み。ドイツ語読みは「ロートシルト」。フランス語読みは「ロチルド」。)は、ヨーロッパの財閥、貴族。門閥として名高い。ロマノフ家とはHubert de Monbrison (1892年8月15日生-1981年4月14日没) の3度にわたる結婚を介して家族関係にある。また、ギネス家を介してベアリング家ともやはり家族関係である。モルガン家やゴールドシュミット・ファミリーとも親密であり、1001クラブなどの広範なビジネスコネクションをもつ。アメリカについては、ウィルバー・ロスやフィデリティ・インベストメンツと、実業家時代のドナルド・トランプを支援した。