トランプ大統領が初“敗北宣言”政権移行に協力表明

アメリカのトランプ大統領は「議会は選挙結果を認定した」と述べ、大統領選挙で初めて敗北を認める姿勢を示しました。

トランプ大統領は7日にビデオメッセージを発表し、アメリカ議会議事堂に侵入した支持者に対して「あなた方はアメリカを代表していない。犯罪行為は償いをすることになる」と批判しました。

また、「緊張した選挙戦だったが、今は高ぶった緊張を鎮める時だ」と訴えました。

そして、「選挙結果を争う法的闘争を続けてきたが、議会は選挙結果を認定した」と述べ、大統領選の敗北を認める姿勢を示しました。

そのうえで、バイデン次期大統領の就任に向けて政権移行に協力する考えを明らかにしました。

ただ、同時に「落胆するのは分かる。しかし、我々の旅は始まったばかりだ」とも述べ、うわさされている2024年大統領選挙への出馬をうかがわせる言葉で締めくくっています。

これまでの強硬姿勢を一転させたビデオメッセージはトランプ大統領の罷免(ひめん)や辞任を求める声が与野党で高まるなかで出されました。

自身の敗北を認めてアメリカの一致結束を呼び掛けることで自身への批判と孤立化を和らげる狙いがあるものとみられますが、どこまで厳しい批判の声が収まるかは不透明です。

引用先 「テレ朝news」[2021/01/08 10:39]
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000203484.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です