父の一周忌

朝早く起きて、ライフワークを考えていた。
できた表を父に報告して良いものか否か悩んだ。

8:45には、実家についた。
支度をして、車で待っていたが、皆が一向に出てこない。
弟のスーツが見つからず、弟は行けないということになった。
その間、9:30まで、外で待っていたために、急がなくてはならなくなった。
蓮田のスマートインターチェンジから高速にのったら、
川口付近で渋滞。30分~1時間かかるというので、
住職に遅刻のメッセージを入れた。
返事が返ってきたので、落ち着くことができた。

10:50には寺に着いた。裏の駐車場に置かせて頂いた。
皆、一斉にトイレを借り、一周忌の準備を母がした。
一周忌は1時間ほど行われた。住職のお説教がありがたかった。
コロナ流行のお話。
日本は天皇がいて、歴史が長い。日本は素晴らしい国だというお話。
わかりやすい仏教のYouTubeのお話。
勢至菩薩が知恵と光をお与え下さると伺った。
住職はこの後横須賀の葬儀に行くというので、長話はできなかった。

その後、皆で墓参りをした。その頃、私の革靴はペナンペナンに裂けていた。
墓参りの後は、会食をせず、帰宅した。
実家で私は妻と一緒に母の話を聞いて帰った。

深夜22:00頃、自分のライフワークが不安で、母に電話したら、否定されてしまった。
結局、これからの時代は自分の判断で生きていかねばならないのだろう。