Java開発環境構築4

※以下はJava開発環境構築1・2・3が終わった前提で話を進めている。

Javaサーブレットの作成

〇「プロジェクト・エクスプローラー」ビューで、SampleWeb0002プロジェクトを選択、右クリック→[新規]→[サーブレット]を選択。次の画面で、
Javaパッケージ「hoge」
クラス名「MyServlet」
と入力し、「次へ」ボタンを押す。

〇次の画面でサーブレットマッピングの指定を行う。
名前「myserv」
に変更すると、URLマッピングは自動的に「/myserv」に変更される。
「完了ボタン」を押す。

〇作成したMyServlet.javaのdoGetメソッドを次のコードに書き換える。
protected void doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response) throws ServletException, IOException {
// TODO Auto-generated method stub
//response.getWriter().append(“Served at: “).append(request.getContextPath());←コメントアウトする
response.getWriter().println(“hello”);←書き加える
}

〇上記の変更を保存し、サーバを再起動し、ブラウザから、
http://localhost:8080/SampleWeb0002/myserv
にアクセスする。「hello」とブラウザに出力されればOK。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です