Java開発環境構築1

01. JDK のインストール

「Java SE – Downloads Oracle Technology Network Oracle」ウェブサイト
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html
にて、「Java Platform, Standard Edition」の「JDK DOWNLOAD」をクリックし、
「Java SE Development Kit 14」の欄の「Accept License Agreement」をチェックして、
「Windows x64」のJDK、「jdk-14_windows-x64_bin.exe」をダウンロードし、インストールする。
※インストール先のオプションはデフォルトで、変更しない。
環境変数 JAVA_HOME と Path に通しておく。
エクスプローラー内のPCを右クリックし、プロパティを選択。
システムの画面中のシステムの詳細設定を選ぶ。
システムのプロパティの画面中の環境変数ボタンを押す。
システムの環境変数内に「JAVA_HOME」を作成し、
「JAVA_HOME」→「C:¥Program Files¥Java¥jdk-14」
とする。
同じくシステムの環境変数内の「Path」を編集する。
「Path」→「%JAVA_HOME%¥bin」
とする。

02. Eclipse のインストール

フォルダ「C:¥eclipse」とさらにその中に、
フォルダ「C:¥eclipse¥workspace」を作成しておく。
「Eclipse 日本語化 | MergeDoc Project」ウェブサイト
http://mergedoc.osdn.jp/
より、Eclipse 2020 の Ultimate の Full Edition をダウンロードする。
「Pleiades All in One Eclipse ダウンロード」→「pleiades-2020-03-ultimate-win-64bit-jre_20200322.zip」
https://sevenzip.osdn.jp/
より、7-Zip 20.00 alpha (2020-02-06)をダウンロード・インストールする。
上記のPleiadesのファイルを「C:¥eclipse」フォルダ内にコピーし、7-Zipで、展開。
※他の解凍ツールを使う場合は、ファイル名が長くなり、使えなくなることに注意する。
「C:¥eclipse¥pleiades¥eclipse¥eclipse.exe」を管理者権限で実行すれば、Eclipseが起動する。
Eclipseの起動時に workspace の場所を求められるので、「C:¥eclipse¥workspace」を指定する。
「C:¥eclipse¥pleiades¥eclipse¥eclipse.exe」のショートカットをデスクトップ上に作成し、管理者権限で実行出来るようにする。

03. Tomcat のインストール

「Apache TomcatR – Welcome!」ウェブサイト
http://tomcat.apache.org/
にて、最新版のTomcat(Tomcat 9.0.34 Released)をダウンロードする。
「32-bit/64-bit Windows Service Installer (pgp, sha512)」を「C:¥eclipse」にダウンロードし、インストールする。
JDKのインストール先として「C:¥Program Files¥Java¥jdk-14」を指定。
フォルダー「C:¥eclipse¥Tomcat」を作成し、Apache Tomcat Destination Folder として、「C:¥eclipse¥Tomcat」を指定。
Tomcat を起動するには、環境変数「CATALINA_HOME」を定義し、
インストール場所「C:¥eclipse¥Tomcat」を指定する。
環境変数「Path」に「%CATALINA_HOME%¥bin」を追記する。
さらに、環境変数「Path」に「C:¥eclipse¥Tomcat¥lib¥tomcat-coyote.jar」を追記する。
「C:¥eclipse¥Tomcat¥bin¥Tomcat9.exe」を管理者権限で起動して、
「Server startup in XXXX ms」の行がコマンドプロンプトに表示されたら起動。
http://localhost:8080/
で起動を確認。コマンドプロンプトの画面を消すと、Tomcatは終了。
「Tomcat9.exe」はデスクトップ上にショートカットを置いておくと便利。

04. MySQLのインストール

MySQL  MySQL Downloads ウェブサイト
http://www.mysql.com/downloads/
から、MySQL Community (GPL) Downloads
→MySQL Community Server
→MySQL Community Server 8.0.19
→Windows(x86,32 & 64-bit),MySQL Installer MSI
→MySQL Installer 8.0.19
→Windows (x86, 32-bit), MSI Installer」
=「mysql-installer-community-5.7.14.0.msi」
をダウンロードする。その際、下方の「No thanks, just start my download.」を選ぶ。
「mysql-installer-community-8.0.19.0.msi」を「C:¥eclipse」に格納し、ダブルクリック
○Choosing a Setup Type
「Custom」→「Next」
○Select Products and Feature
「MySQL Servers」→「MySQL Server 8.0.19 – X64」を選択
さらに、
「MySQL Connectors」→「Connector/J 5.1」X86版を選択し、
※「Connector/J 5.1」は32bit版しかない。
さらに、
「MySQL Connectors」→「Connector/ODBC 8.0.19 – X64」を選択しておき、
「Next」
○Installation
「Execute」し、製品名の左側に緑のチェックがついたら「Next」
○Product
インストールの準備ができるので「Execute」
完了したら「Next」
○「Next」
○「High Availability」で「Standalone MySQL Server / Classic My SQL
replication」を選択して「Next」
○デフォルトで「Next」
○「Authentication Method」で「Use Strong Password Encryption」を選んで「Next」
○Acconts and Roles
MySQLのROOTユーザーのパスワード「hoge」を入力して「Next」 ※1
○Windows Service
デフォルトで「Next」
○Apply Server Configration
設定処理の一覧が表示されるので「Execute」
処理が終わると一覧の右に緑のチェックがつくので「Finish」
○Product Configration
再度、この画面が表示されるので「Next」
○Install Complete
「Finish」
以上で、MySQLのインストールは終了。
スタートメニューの[MySQL]→[MySQL 5.7 Command Line Client]が、
MySQLを操作するツールなので、ショートカットをスタート画面に置く。

※個々の動作確認はできましたが、うまく連携しているか否かはわかりません。
今後、アプリケーションを作ることで確認したいと思います。

【追記】2020年08月01日(土)

「MySQL Installer」の画面で、Microsoft Windows用の「MySQL Installer 8.0.21」、「Windows (x86, 32-bit), MSI Installer」には、「mysql-installer-web-community-8.0.21.0.msi」と「mysql-installer-community-8.0.21.0.msi」が選べるようになった。私は「mysql-installer-community-8.0.21.0.msi」をダウンロードすることにした。

MySQLインストール終了後、スタートメニューの[MySQL]→[MySQL 8.0 Command Line Client]のショートカットを作るには、スタートメニューの[MySQL]→[MySQL 8.0 Command Line Client]を右クリックして「その他」→「ファイルの場所を開く」とショートカットがあるので、それをデスクトップ上にコピーした。

【改訂】2020年08月19日(水)
文中の※1:MySQLのROOTユーザーのパスワードを「hoge」とした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です