新型コロナウイルス感染症の発生源

世界保健機関(WHO)が、新型コロナウイルス(COVID-19)の原因はコウモリにあり、中国の魚介類市場がウイルスの発生源となったと伝えた。

WHO食料安全人獣共通感染症専門家のピーター・ベン・エムバレク氏は、テレビ電話を通じて記者会見を開き、中国の湖北省の都市武漢にある魚介類市場が、新型コロナウイルス流行の発生源となったことに触れ、「市場がウイルス流行の源となったのは明らかだ。しかし、どのようにしてそうなったのかはわからない」と語った。

エムバレク氏は、ウイルスの発生地点が武漢の市場であるのと同様、市場の場所とその周囲で偶然現れた可能性があることにも注意を促した。

新型コロナウイルスの原因はコウモリだが、この件についても徹底的に調査する必要があると指摘したエムバレク氏は、「おそらく、まず動物がこのウイルスを市場に運んできたか、ウイルスに感染していた人物がこの市場を訪れたかだ」と述べた。

https://www.trt.net.tr/japanese/toruko/2020/05/09/rinkevuitiusuritoaniawai-xiang-torukonoxin-xing-koronayong-zhi-yuan-nigan-xie-1413627 参照

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です