PERL環境構築

64bitのWindows 7 Home Premiumが入ったノートPCに「ActivePerl 5.20.1 Build 2000 (64-bit)」をインストールした。
自動的に、環境変数Pathに「C:\Perl64\site\bin;C:\Perl64\bin;」が設定された。
「C:\PERL」フォルダを作成し、そちらを作業フォルダとした。
「C:\PERL」フォルダのショートカット「PERL」をデスクトップ上に作成した。
PERLのソースファイルは「.pl」という拡張子で、命名する。
最も簡単なプログラム「hello.pl」は、以下の記述となる。

************************************************************
#! C:\Perl64\bin
print “Hello, world!\n”;
************************************************************

デスクトップ上にコマンドプロンプトをコピーし、作業フォルダを「C:\PERL」とした。
上記のプログラムを実行するには、コマンドプロンプト上でソースファイル名を指定すれば良い。

C:\PERL>hello.pl
Hello, world!

さらに、下記のコマンドで、「C:\PERL」フォルダ内に、「hello.pl」の実行結果「Hello, world!」を「hello.txt」というファイルに保存できる。

C:\PERL>hello.pl > hello.txt

※WordPressでは「半角¥マーク」が、「\」(バックスラッシュ)になっているので、ご注意ください。