03. Tomcat のインストール

「Apache TomcatR – Welcome!」ウェブサイト
http://tomcat.apache.org/
にて、最新版のTomcatをダウンロードする。
「32-bit/64-bit Windows Service Installer (pgp, md5, sha1) 」の
「apache-tomcat-8.5.4.exe」をダウンロードし、インストールする。
JDKのインストール先として「C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_102」を指定。
Apache Tomcat Destination Folder として、「C:\eclipse_neon_sr0\Tomcat」を指定。
Tomcat を起動するには、環境変数「CATALINA_HOME」を定義し、
インストール場所「C:\eclipse_neon_sr0\Tomcat」を指定する。
環境変数「Path」に「%CATALINA_HOME%\bin」を追記する。
さらに、環境変数「Path」に「C:\eclipse_neon_sr0\Tomcat\lib\tomcat-coyote.jar」を追記する。
「C:\eclipse_neon_sr0\Tomcat\bin\startup.bat」をダブルクリックして、
「Server startup in XXXX ms」の行がコマンドプロンプトに表示されたら起動。
http://localhost:8080/
で起動を確認。
Tomcat の停止は、「C:\eclipse_neon_sr0\Tomcat\bin\shutdown.bat」を実行する。
これらのバッチファイルはデスクトップ上に置いておくと便利。