02. Eclipse のインストール

フォルダ「C:\eclipse_neon_sr0」とさらにその中に、
フォルダ「C:\eclipse_neon_sr0\workspace」を作成しておく。
「Pleiades – 統合開発環境 Eclipse 日本語化プラグイン」ウェブサイト

http://mergedoc.osdn.jp/

より、Eclipse 4.6 Neon の Ultimate の Full Edition をダウンロードする。
「Pleiades All in One 64bit」→「pleiades-e4.6-ultimate-jre_20160622.zip」
上記のPleiadesのファイルをWindowsで、「C:\eclipse_neon_sr0」フォルダ内に解凍。
※解凍ツールを使う場合は、ファイル名が長くなり、使えなくなることに注意する。
「C:\eclipse_neon_sr0\pleiades\eclipse\eclipse.exe」を管理者権限で実行すれば、Eclipseが起動する。
Eclipseの起動時に workspace の場所を求められるので、「C:\eclipse_neon_sr0\workspace」を指定する。
「C:\eclipse_neon_sr0\pleiades\eclipse\eclipse.exe」のショートカットをデスクトップ上に作成し、管理者権限で実行出来るようにする。