投稿者「wpmaster」のアーカイブ

Visual Studio Code の使い方

【インストール】

https://code.visualstudio.com/

にて、画面右上の「Download」をクリック。

「Download Visual Studio Code」画面になるので、
Windows10用のSystem Installerの64bitをダウンロードする。

画面左下の「ファイルを開く」を選ぶ。セットアップが始まる。
追加タスクの選択画面で、すべてを選択し、インストール。

【日本語化】

Extensions(四角いマークのアイコン)をクリック。

パネルが開くので検索ボックスに「Japanese Language Pack」と入力。

→「Install」をクリック。

再起動後、「Ctrl+Shift+P」を押し、「display」と入力。

「Configure Display Language」を選択 →「ja」を選択。

再起動して利用。

【印刷】

Extensions(四角いマークのアイコン)をクリック。

パネルが開くので検索ボックスに「PrintCode」と入力。

→「Install」をクリック。

ファイルを選択後、「F1」を押し、「PrintCode」と入力。

WordPressのため、Fedora30 を Fedora31に

WordPressをアップデートしようとすると、
PHPのバージョンが古いというエラーが出るようになった。
私は面倒なので、OSのバージョンアップを行った。

*********************************************************

Windowsパソコンの「Tera Term」から接続して

# dnf upgrade –refresh

# dnf install dnf-plugin-system-upgrade

# dnf system-upgrade download –releasever=31

#dnf clean packages

#dnf system-upgrade reboot

ここで「Tera Term」の接続が「off」となり、

サーバーのモニターを確認して気長~に待つ。

Fedora31では、「root」以外のユーザーからログインする必要があるので、

Fedora30で、「root」以外のユーザーを作っておく必要がある。

参照サイト https://blog.canpan.info/hofu_nanboku/archive/455

*********************************************************

この後、WordPressのアップグレードを行うが、できればサーバーとは別のパソコンで、WordPressの管理画面を開いておきたい。
アップグレードができたか、エラーの内容は何かを簡単に確認することができる。
私はWordPressのディレクトリをバックアップしてから、アップグレードした。
アップグレードの際、ディレクトリの所有権はWordPressの管理者に設定し、アップグレードが完了したら、元に戻した。
できたらデータベースもバックアップした方が良いと思う。
私の場合、Fedora30からFedora31のアップグレードで、「root」でログインできた。

固定ページの「JAVA」を更新しました。

固定ページの「JAVA」を更新しました。

内容が2017年から変わっていなかったので、更新しました。

01. JDK のインストール

02. Eclipse のインストール

03. Tomcat のインストール

04. MySQLのインストール

個々の動作確認はできましたが、うまく連携しているか否かはわかりません。

今後、アプリケーションを作ることで確認したいと思います。

GODMODE

Windows 10 で、

新規フォルダに以下の文字列を打ち込むと様々な設定項目が表示されます。

GODMODE.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}

LINEを作った国はどこですか?日本ですか?

Q. LINEを作った国はどこですか?
日本ですか?
韓国ですか?
周りが意見バラバラなので知りたいです。

A. まずLINEをリリースしているLINE社はNHNという韓国最大手のIT企業の日本法人です。
この日本法人の会長は、実は韓国NHN本社の創業者でもある李海珍さんという韓国の大物企業家であり、名前だけの会長ではなく、日本と韓国を行ったり来たりしながら、日本でのビジネスに力を注いできました。この李海珍さんが作ることを決めたのが「LINE」です。
何故韓国のNHN本社ではなく日本で開発されたかというと、「規模が拡大した本社の代わりに、小さな組織の速やかな意思決定力と集中力を活用するためだった」から。
http://japanese.joins.com/article/267/160267.html
それとよくネット上では日本人が開発、韓国人が開発みたいな単純化した言われかたをしていますが、初期の開発チームのメンバーは15人いて、国籍も「韓国・日本・米国・中国など」と様々です。
http://japanese.joins.com/article/227/149227.html
まとめると、LINEが作られた国は「日本」です。作ったのは韓国企業の「韓国人・日本人・米国人・中国人など」です。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11119955221 参照

AmaterasUML

UMLを記述するためのツールは多々あります。Eclipseプラグインとしても様々なものが提供されています。Javaプログラミングの開発環境として利用されることの多いEclipseですが,プラグインを入れることにより,UMLモデリングを行う環境としても利用できるようになります。

「AmaterasUML」は,Project Amaterasで開発されているプラグインです。主な機能は以下の通りです。
・主なUML図の記述(クラス図,シーケンス図,アクティビティ図,ユースケース図)
・画像として保存
・Javaクラスのフォワード/リバース・エンジニアリング
・XMI形式のエクスポート/インポート(拡張コンポーネント)

◆導入(インストール)

AmaterasUMLのWebサイトから入手できます(執筆時点の最新はAmaterasUML Version1.3.4)。入手したアーカイブを解凍してできたjarファイルを,Eclipseのプラグイン・フォルダにコピーします。

動作にはGEF(Graphical Editing Framework)が必要です。GEFは,連載第5回「Europa(Eclipse 3.3)の注目機能はこれだ!」で紹介した「Europa」ディスカバリー・サイトに登録されています。また,「Eclipse IDE for Java EE Developers」にはあらかじめ同梱されていますので,別途入手する必要はありません。

◆モデリング

まず,プロジェクトを作成します(メニュー[ファイル]→[新規]→[プロジェクト]で[Java]→[Javaのプロジェクト]を選択)。次に,[ファイル]→[新規]→[その他]で[AmaterasUML]→[クラス図]を選択して,クラス図を作成するためのファイル(ここではsample.cld)を作成します。

クラス図の作成は,パレットから追加したいエンティティを選んで配置し,関連の線でつないでいきます。モデルをダブルクリックするか,プロパティビューで名前や修飾子を編集できます。

属性・操作はエンティティの右クリックメニューから追加します。名前や修飾子の変更はモデル上をダブルクリックか,プロパティビューで行います。

関連の線には,プロパティビューで多重度が設定できるようになっています。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071115/287312/?rt=nocnt 参照

「WP Multibyte Patch」の要件

WordPressの「WP Multibyte Patch」プラグインの更新の際、
「お使いの WP Multibyte Patch を有効化するには PHP の mbstring 関数が必要です。」
というエラーが表示された。

解決策として、

ダッシュボードからWP Multibyte Patchを有効化。「お使いの WP Multibyte Patch を有効にするには、PHP の mbstring 関数が必要です。」と表示され場合、php-mbstrigをインストールする必要があります。

【手順】
# yum -y install php-mbstring
# service httpd restart

http://www.eastforest.jp/esthome/?p=286 より引用

ちなみに私のシステム(Fedora20)では、

# yum -y install php-mbstring
# systemctl restart httpd.service

で更新できるようになりました。

WORDで2ページ目からページ番号を振るには

Wordで、1ページ目に表紙を作った場合など、ページ番号は2ページ目から付けたい時ってありますよね。
その場合、下記の方法で設定できます。

1.ツールバーの「挿入」から「ページ番号」を選択。
2.「ページ番号」の設定画面が出たら、下の「最初のページにページ番号を挿入する」のチェックを外す。
3.「書式」ボタンを押す。
4.「連続番号」の「開始番号」を選択し、番号に「0」を入力。
5.「OK」ボタンで「ページ番号の書式」画面を閉じ、もう一度「OK」ボタンで「ページ番号」画面を閉じる。

これで、ページ番号が0ページから連番に振られ、最初のページにはページ番号が挿入されないため、2ページ目から「1・2・3…」と連番でページ番号が振られます。

参照サイト http://cswmoon.blog12.fc2.com/blog-entry-98.html

Windows10

2015年07月29日(水)、Windows 10へのアップグレードが可能となった。

アップグレードを予約したPCには、すぐに配信されるものと思っていた。

しかし、なかなか、インストールできるようにはならなかった。

そこで、下記のサイトを参照し、ツールを利用して、アップグレードした。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

Windows8.1Pro(32bit)からWindows10へのアップグレードには時間がかかった。

上記サイトのツールを使うとインストールメディア作成のためのISOイメージもダウンロードできるが、メディアを使ったアップグレードは私は現時点で成功していない。

既定のブラウザを「Internet Explorer」にするには

Windows10にて、インターネット・ブラウザの既定のプログラムを「Microsoft Edge」から「Internet Explorer」に変更するには、「コントロール パネル\プログラム\既定のプログラム\既定のプログラムを設定する」を表示し、左側の「プログラム」から「Internet Explorer」を選択し、「すべての項目に対し、既定のプログラムとして設定する」をクリックする。