Java

1995年5月に米サン・マイクロシステムズが開発・発表したオブジェクト指向のプログラミング言語。C++がベースになっている。パソコンやプリンター、携帯電話、テレビなどの家電製品、などさまざまな分野での利用が考えられ、既にNTTドコモやKDDIの携帯電話などで利用されている。Javaという言葉自体が単にプログラミング言語よりも広い概念になっている。
プログラミング言語としては、動的に確保したメモリーが参照されなくなると自動的に解放されるガベージコレクション機能を備え、ポインターの概念がないという特徴がある。
ネットワーク上にあるプログラムをダウンロードしてWebブラウザー上で動かすことができるのも特徴の一つ。このプログラムをJavaアプレットという。これに対し、Webブラウザーなしに単体で動作するものをJavaアプリケーションと呼ぶ。
Javaで作ったプログラムを実行するにはJava VM(Java仮想マシン)というソフトが必要になる。Javaで記述したプログラムをコンパイルすると、Java VM用のバイトコードが生成される。そのため、Java VMを搭載していれば、どのプラットフォームでもJavaで作ったプログラムを動かすことができる。これが、Javaの特徴である「Write Once, Run Anywhere」(一度作成すればどのプラットフォームでも動く)のゆえんである。
OSや機種ごとのプラットフォームに依存しない半面、実行速度はそのプラットフォームに最適化されたソフトに比べて遅くなる。そのためJavaのバイトコードを実行するときに、プラットフォーム依存のコードに変換して実行速度を高速化するJIT(just in time)コンパイラーという技術が使われている。