API

Application Program Interface の略で、ある特定のOSやミドルウェア用のソフトウェア開発時に利用できる命令や関数の集合のこと。また、それらを利用するために定めた規約のこと。ソフトウェアが共通して利用できる機能をOSやミドルウェアのかたちでまとめて提供し、プログラマはそれを「呼び出す」だけで、自分でプログラミングしなくても、その機能を利用したソフトウェアを作成できる。